滋賀県栗東市のワンストップリノベーション
満室経営サポート 不動産 | エルプランニング

L-planning エルプランニング

健康的な室温と湿度

室温19℃以下は人権侵害?

室温が低いと健康リスクが高まることは先進国の常識です。

イギリスでは統計調査の結果から、室温19℃以下は「健康リスクが現れる温度」で、
理想は21℃以上とされ、

・16℃以下は深刻なリスクが現れる温度
・10℃以下は高齢者に低体温症が現れる温度

というような室温と健康リスクの関係性が定義されています。
日本にはありませんが、これはイギリスに限ったことではなく、
大半の先進国において「最低室温規定」というものが制定されています。
最低限度の室温は「健康で文化的な最低限度の生活を送るための人権」
といえるのではないでしょうか?

室温の次に重要なのは湿度ですが、基本的に日本では、
冬は加湿、梅雨から夏にかけては除湿が必要となります。
冬に適切な湿度を保とうとすると問題になるのが、
結露です。

一番危ないのが窓の下枠の部分で、断熱性能が低い住宅では
壁内で起こることがあります。室内に「結露・カビ」って嫌ですよね?

今までの見た目のリノベーションだけでなく、+断熱・気密をすることで
結露・カビを防ぎ健康で快適な生活を手に入れられますよ。

   ★9月1日 栗東市商工会1Fに
               「ハコ庭cafe」  がオープンします★
 


2020.08.21
Toida /

                                  

Copyright © L-planning co.,ltd. All Rights Reserved.

問い合わせる